超短パルスファイバーレーザーが46万円

1.5 μm帯超短パルスファイバーレーザーが税込み50万円以下でご購入頂けます。
必要な光学部品が全て揃っているため、面倒な部品選定の手間を省く事ができます。

また、自分で構築していくことでレーザー光源開発のノウハウを簡単に蓄積できます。
さらに、キット形式を採用することで自由度を高くしているため、研究が発展した際にも必要に応じて構成を組み替えることが可能です。
::超短パルスレーザーの解説
::ファイバーレーザーの解説

カタログ(PDF)はこちら

特徴

1.0 μm帯に比べ、1.5 μm帯の光学部品は数が少なく揃えるのは大変です。
本キットは、必要な物品が全て揃っているので簡単に1.5 μm帯超短パルスファイバーレーザーを構築することができます。

他社製品との比較

モード同期Erファイバーレーザーキット 従来製品(典型値)
パルス幅 数100 fs〜数ps(調整可能)
中心波長 1.5 μm 1.5 μm
平均出力 数 mW〜数10 mW(調整可能) >50 mW
繰り返し周波数 数10 MHz〜80 MHz(調整可能) 50 MHz
自作 可能 不可
価格 明記(46万円) 不明記(〜500万円)

構成と仕様

構成

本キットには
・光学部品一式
・半導体レーザー
が含まれています。
本キットは、モード同期法として非線形偏波回転を採用しています。
::非線形偏波回転の解説

モード同期Erファイバーレーザーキットの構成

仕様例

中心波長:1.5 μm
出力:数 mW〜数10 mW
パルス幅:数100 fs〜数ps
繰返し周波数:45 MHz(典型値)
偏光:直線偏光(垂直方向)
出力方法:空間出力
*仕様は、組み上げる際の光学部品のアライメントや、ファイバーの長さなどによって変化します。

FL-MLYb-kit_AC自己相関波形の例

FL-MLYb-kit_spectrum光スペクトルの例

アプリケーション例

・光通信
・光計測
・大気汚染計測
・セキュリティー
・非線形周波数変換
・距離計測(Lidar, Range finder)
・3Dスキャニング

価格と納期

製品名:モード同期Erファイバーレーザーキット
型番:FL-MLEr-kit
価格:¥460,000(税抜き)
納期:1週間〜2ヶ月

*半導体レーザーの電源は含まれておりません。
*光学ブレッドボードは含まれておりません。
*キットの分割相談はご遠慮ください。
*融着機をお持ちでない方はご相談ください。
*より高強度を得たい場合はファイバーアンプキットと合わせてご利用いただけます。
*中心波長が「1.0 μm型」「0.9 μm型」のモード同期ファイバーレーザーキットもあります。


inquiry_button

オプション(別売)

「モード同期Ybファイバーレーザーキット」のオプションのページをご覧ください。

フェムト秒Erファイバーレーザー用2倍波SHG生成キットはこちら。

 

inquiry_button

Er添加シリカガラス光ファイバー

Erファイバーの吸収断面積と誘導放出断面積です。詳細はこちら

Erファイバースペクトル