Photodigm Incについて

Photodigm(フォトダイム) は、単一周波数DBRレーザーを自社工場での設計・製造を通して、多種・高品質の商品供給を維持しています。

正規代理店として、同社製品を販売いたします。

Photodigm's Timeline Poster rev 2 5-2016

↑ クリックすると拡大します ↑

 

製品

製品名 製品名
A. DBRレーザーダイオード B. ピコ秒、ナノ秒パルスDBRレーザーダイオード
C. 広帯域モードホップフリーレンジDBRレーザーダイオード D. ハイパワー&ビームシェイプDBRレーザーダイオード
E. その他、レーザー製品、アクセサリ

製品カタログ:こちら

DBR-fabricationスクリーンショット 2016-02-10 19.29.24Rb_D2_Seal-resized-146

A. DBRレーザーダイオード

分布反射型レーザーは 単一モード及び波長がおよそ0.06 nm/ºC (25GHz/ºC)または温度調整係数または0.003 nm/mA (1 GHz/mA)の電流調整係数で調整可能なナローバンド(~1MHz)を提供しており、分光学、原子物理学、非線型光学などの用途に特に適しています。

可能な波長と具体的な用途については、下記リストをご覧ください。

DBRレーザーダイオード 内容 光出力 Pcw (mW)* 利用可能なパッケージ 高出力オプション (Pcw) パルスオプション
760 nm 酸素分子分光, 759nm~762nmまでアジャスト可能 40 or 80  CS / CM / T8 /BF  ps-ns可変; Pavg=Pcw
767 nm カリウム D2線の波長 20 ; 40 or 80  CS / CM / T8 / BF  ps-ns可変; Pavg=Pcw
770 nm カリウム D1線の波長 20, 40 or 80  CS / CM / T8 / BF  ps-ns可変; Pavg=Pcw
780 nm ルビジウム D2線, 778 nmにアジャスト可能 40, 80, 120 or 180  CS / CM / T8 / BF  TOSA-280mW (テストは500mWまで)  ps-ns可変; Pavg=Pcw
785 nm ラマン分光 40; 80; 120; 180  CS / CM / T8/  BF  TOSA-240mW  ps-ns可変; Pavg=Pcw
795 nm ルビジウム D1線の波長 40; 80 ; 120 or 180  CS / CM / T8 / BF  TOSA-240mW  ps-ns可変; Pavg=Pcw
805 / 808 nm バイオメディカル、低ノイズ計測学 お問い合わせください  お問い合わせください  ps-ns可変; Pavg=Pcw
830 nm 計測学, 828 nm (water vapor lidar)にアジャスト可能 40; 80; 120; 180  CS / T8 / BF  TOSA-240mW  ps-ns可変; Pavg=Pcw
852 nm セシウム D2線の波長 40; 80; 120; 180; 240 or 280  CS / CM / T8 / BF  TOSA-280mW (テストは500mWまで)  ps-ns可変; Pavg=Pcw
895 nm セシウム D1線の波長 40 ; 80 ; 120 ; 180  CS / CM / T8 / BF  TOSA-240mW  ps-ns可変; Pavg=Pcw
920 nm SHG, Yb励起, 918~923nmにアジャスト可能 40 ; 80 ; 120  CS / CM / T8  ps-ns可変; Pavg=Pcw
976 nm 976 SHG, Yb励起, 時間分解蛍光分光計測 40 ; 80 ; 120 ; 180 ; 240 or 280  CS / CM / T8 / BF  TOSA-280mW (テストは500mWまで)  ps-ns可変; Pavg~Pcwx1.2
1064 nm SHG,  ファイバー増幅用の種光, 時間分解蛍光分光計測  40 ; 80 ; 120 ;  180 ; 240 or 280  CS / CM / T8 / BF  TOSA-280mW (テストは500mWまで)  ps-ns可変; Pavg~Pcwx1.2
1083 nm Heの準安定遷移磁気測定 40 ; 80 or 120  CS / CM / T8 / BF  ps-ns可変; Pavg~Pcwx1.2

他の波長は(1100nmまで)、お問い合わせください。

inquiry_button

標準パッケージ (PDF)

CS Chip on Submount スクリーンショット 2016-02-10 19.29.41
CM C Mount  スクリーンショット 2016-02-10 19.29.36
T8 TO-8 Can, T8 includes:TEC, Monitoring Photodiode  t8-pack-sm
BF* Butterfly, BF14-PIN includes:>0.5m of PM fiber length,TEC, Monitoring Photodiode*「バタフライマウントされたダイオードの出力は、一般的に他のマウント時の半分です(976 nm, 1064nm, 及び1083nmを除く。それぞれの対応ページをご覧下さい)」  スクリーンショット 2016-02-10 19.29.24

Photodigm provides also TO5 (9mm) but as non-standards mounts, and a specific TOSA package, the Mercury­™, for High-Power or OEM applications, and  Extended Mode-hop Free Range DBR.

 

Special features

Spectroscopy-Certified™  DBR diodes

Rb_D2_Seal-resized-146

  • DBRダイオードは、15℃~30℃の温度範囲内で数原子遷移値に収まるように更正されているこが保証されています。

 

原子標準規格(レーザー冷却、原子時計、磁気測定等)

カリウムD1線及びD2線

ルビジウムD1線及D2線

セシウムD1線及びD2線

準安定ヘリウム励起@1083 nm

  • Molecular spectroscopy (combustion monitoring, water vapor detection, LIDAR…)

For process monitoring and atmospheric sampling, they offer the following:

Water vapor (828 nm laser diode)

Oxygen (760 nm band)

 

  • Perma-Loc™ (決定論的波長ロック)適正なフィードバックシグナル(PID…)を用いた時には、PhotodigmPはDBR特性(下記参照)によって、貴社のレーザーダイオードが寿命期間中(一般的に数年間)、所定のスペクトル線に安定的ロックされることを保証できます!

度量衡学用に適した、高出力で高干渉性を備え、長寿命なDBRダイオード

DFBは、広範なチューニングレンジ及び使用の容易さによって、テレコムインダストリィの賞賛を受けています。しかしながら、DBRは分離格子(下記比較表参照)によって、DFBに比べてよりパワフル(500mW迄可能)であり、より信頼性に優れています。DBRはブルーシフトした波長に若干復帰ジャンプしますが、DFBはエイジングによってランダムなレッドシフトモード-ホップの特徴を有します。これは、DFBが調整可能レンジを超える全スペクトルレンジをカバーしないことを意味し、全調整可能スペクトルが探査されることを保証します。

   DFB mode-hop tuning   DBR mode-hop tuning

DFB (left) and standard DBR (left) mode-hops tuning

 

DBRレーザーとDFBレーザーの比較

DBRレーザー DFBレーザー
光出力 500mWまで 数10mWまで
線幅 (MHz) <10 (typ. 1) <3
チューナブルレンジ 数nm 数nm
モードホップフリーチューニングレンジ 通常は、<1nm, Photodigm の Extended mode hop free rangeは、<2nm 数nm
グレーティング separated integrated in gain medium
安定性 (MHz) No gap, predictible blueshift mode hops with current tuning unpredictable gap in wavelength range when aging (redshift mode hops )
Wavelengths availability Visから-NIRまで Visから-FIRまで
Threshold current (mA) typ.30-70 typ.15-30
Temp. tuning coeff. (nm/K) 約0.07 約0.05
Current tuning coeff. (nm/mA) 約0.002 約0.02

As they can achieve too linewidths <1MHz, DBR have been in use in atomic metrology or as laser pump / SHG and, thanks to some innovations and cost reduction, are now a new paradigm for other applications.
5_mhz_beat_note

Photodigm developed specific modules to exploit these properties in new ways that makes DBR very versatile and reliable alternative laser diodes. See Extended Mode-hop Free Range DBR , High-Power and Beam-Shaped DBR Laser diodes and Pico & Nano Pulsed DBR for details, and Other Laser products and Accessories for mobile and other applications.

   comparison_DFB-DBR-etc

  DBRレーザーのスペック比較表

 

 

inquiry_button