高パルスエネルギー型フェムト秒再生増幅器キットとは?

フェムト秒再生増幅器は、マニュアルを見ながらプラモデル感覚で組み立てることができるため、レーザー光源を始めパルスストレッチャーやパルスコンプレッサーの開発ノウハウを簡単に習得することができます。そのため、ご自身でカスタムすることも調整することも修理することもできます。

完成品を購入すると数千万円しますが、この高パルスエネルギー型フェムト秒再生増幅器キットを用いれば安価に1 mJや100 μJという高パルスエネルギーのフェムト秒レーザーを構築することができます。

弊社で構築後に納品することもできます。(現在、無料組立てサービスを行っております)

::超短パルスレーザーの解説
::再生増幅器の解説

カタログ(PDF)はこちら

構成

高パルスエネルギー型フェムト秒再生増幅器キットには下記が含まれております。

  • 再生増幅器
  • パルスストレッチャー
  • パルスコンプレッサー
  • 増幅器の励起用LD電源
  • ポッケルスセル電源
  • ミラー等の光学部品一式
  • フォトダイオード等のエレクトロニクス部品一式
  • 筐体
  • 組み立てマニュアル

再生増幅器キット

本キットは、パルスストレッチャーとしてマルティネス型ストレッチャー、再生増幅器としてリニア型再生増幅器、パルスコンプレッサーとしてトレーシー型コンプレッサーを採用しています。
実績のある素子を選出し、レーザービームが各種光学素子を通るように、高さを調整済みです。

D2

構成図

再生増幅器の立ち上がり時の画像

再生増幅器の立ち上がりの様子

 


再生増幅器の動画

製品仕様

仕様表

波長 1040(±10)nm
パルスエネルギー > 1 mJ(圧縮器出力)
平均出力 50 mW(圧縮器出力)
繰り返し周波数 50 Hz
パルス幅 < 300 fs (可変幅:300 fs〜10 ps)
増幅媒質 Yb:CaF2
励起光源 980 nmレーザーダイオード
M2 < 1.2(典型値)
外形寸法 1500×600×270 mm(ハニカムブレッドボード、カバー付き)

増幅器の入射光条件

パルス幅 < 2 ps (< 100 fsへ圧縮可能なチャープパルス)
中心波長 1040 ± 10 nm
スペクトル幅 > 30 nm (FWHM)
平均出力 > 20 mW
繰返し周波数 1~90 MHz

アプリケーション例

  • 微細加工
  • 非熱加工
  • 薄膜加工
  • 透明材料の内部加工
  • 3次元加工
  • 2光子光造形
  • スクライビング
  • フェムト秒レーザー加工
  • フェムト秒時間分解分光
  • 高非線形ファイバーの励起

::超短パルスレーザーの応用

価格・納期

製品名:高パルスエネルギー型フェムト秒再生増幅器キット(1 mJ, 50 mW, 50Hz)
型番:RGA-fs-Yb-1mJ-kit
価格:1,180万円
納期:2ヶ月〜4ヶ月

製品名:高パルスエネルギー型フェムト秒再生増幅器キット(0.1 mJ, 200 mW, 2kHz)
型番:RGA-fs-Yb-0.1mJ-kit
価格:1,080万円
納期:2ヶ月〜4ヶ月

 

 

オプション

 キット以外に必要な機器(別売)

初期調整や定常運転のために別途必要な物品を記します。

  • モード同期Ybファイバーレーザー発振器(例:小型モード同期Ybファイバーレーザーキット
  • チラー(例:SMC 1100W)
  • パワーメーター(例:表示器PM100D, センサーS401C
  • オシロスコープ(帯域200MHz以上)(例:Picoscope6404C
  • スペクトロメーター or 分光器(波長帯域970~1070nm以上、分解能2nm以下)(例:CCS175/M
  • パソコン
  • オートコリレーター(パルス幅測定用)(例:FR-103PD

inquiry_button