ご要望に応じて自由に中心波長、バンド幅、分散量を変えられる、オーダーメードタイプのインライン型パルスストレッチャーキットです。

パルスストレッチャーは超短パルスレーザー(モード同期レーザー)発振器とパルスレーザー増幅器の間に配置され、
増幅中のダメージ(ピーク強度)を抑えるために用いられます。このような増幅法をチャープパルス増幅法(CPA)といいます。

光響で販売しているモード同期Ybファイバーレーザーキット(FL-MLYb-kit)を初め、他社のモード同期ファイバーレーザー用のパルス
ストレッチャーとしてお使いいただけます。

:: 超短パルスレーザーとは
:: CPAとは
:: パルスストレッチャーとは
:: チャープFBGとは

カタログ(PDF)はこちら

構成例

PSTR-IR

 

構成部品例

  • チャープファイバー
    ブラッググレーティング(Chirped FBG)
  • サーキュレータ
  • コリメータ

オプション例

アプリケーション例

  • 1.0 μm帯モード同期ファイバーレーザー用
    パルスストレッチャー
  • 超狭帯域バンドパスフィルタ

特長

  • コンパクト
  • アライメントフリー
  • 超狭帯域のバンド幅設計
  • 広帯域のバンド幅設計
  • 低損失
  • 分散量の設定

お問い合わせの際に参考にして下さい。

型番:PSTR-IR-○○○○. ○-△△△. △-□□□□-kit
○○○○. ○ 中心波長 (nm) 1064.0
▽▽▽▽ バンド幅 (nm) 0.2
□□□□ 分散パラメータ D2 (ps/nm) 5000

  • 中心波長1064.0nm、バンド幅0.2nm、分散パラメータ5000ps/nm、シングルモード、非偏波保持
    → PSTR-IR-1064.15-0.2-5000-kit

    • 価格:お問い合わせ
    • 納期:約2ヶ月
  • 中心波長2000.0nm、バンド幅100.0nm、分散パラメータ5000ps/nm、シングルモード、非偏波保持
    → PSTR-IR-2000.0-100.0-5000-kit

    • 価格:お問い合わせ
    • 納期:約2ヶ月

inquiry_button