MP-AC-kit

特徴

超短パルスレーザー(フェムト秒レーザーやピコ秒レーザー)のパルス幅を計測するためには、
オートコリレーターなどの専用の機器を用いる必要があります。
本キットは、既製品の半額以下の価格でお求め頂けます。
また、本キットを組み立てることで、レーザー、干渉計や自己相関法などについて体系的に学ぶことができます。
::オートコリレーターの解説

カタログ(PDF)はこちら

スピーカーを用いてミラーを駆動することで光路長を調整し、フォトダイオードで二光子吸収強度を測定します。
非線形結晶を使用しない、簡易な光学系で短パルス幅を測定することができます。
::二光子吸収を用いた自己相関波形計測の解説

また、弊社で販売している各種超短パルスファイバーレーザーキットと合わせて使用することができます。

他社製品との比較

オートコリレーターキット 従来製品(※光響から購入可能)
メーカー名 光響 Femtochrome Research
波長 1000 nm〜1350 nm 800 nm〜1400 nm
パルス幅 100 fs〜5 ps 5 fs〜15 ps
分解能 <10 fs <1 fs
スキャン範囲 1 ps >50 ps
繰り返し周波数 >1 MHz >4 Hz
出力方法 空間 空間/fiber coupled
自作 可能 不可
価格 明記(46万円) 不明記(約100万円)
オプション ※1550 nmタイプ(1100 nm〜1600 nm)もあります1550 nmタイプのフォトダイオードに交換するだけで使えます ※600 nmタイプ(600〜1100 nm )、1400 nmタイプ(1400~2000nm)もあります

構成・仕様

構成

本キットには、ファンクションジェネレーター機能付きオシロスコープも付属しております。なお、パソコンはキットには含まれません。


図2 オートコリレーターキットの構成図

inquiry_button

仕様

波長 1000 nm 〜 1350 nm
対応パルス幅 100 fs 〜 5 ps
分解能 < 10 fs
スキャン範囲 1 ps(典型値)
最低繰り返し周波数 1 MHz(典型値)
最低レーザーパワー 1 mW(典型値)
最高レーザーパワー 50 mW (典型値、ND filterにより可変)
大きさ 300×300 (W×D)*
出射型式 空間 (non fiber-coupled)
オプション 1550nmタイプ(1100nm〜1600nm)

*光学系のみの大きさです

測定結果

オートコリレーターキットを用いて測定した結果をご紹介します。
下図は、測定に用いた超短パルスレーザー光源のスペクトル波形、本キットで得られた自己相関波形です。
130 fsのパルス幅が測定できています。
MP-AC-kit_fig

図3 超短パルスレーザー光源のスペクトル波形と、本キットで測定した自己相関波形

価格・納期

製品名:オートコリレーターキット
型番:MP-AC-kit
価格:46万円(税抜き)
標準納期:1〜2ヶ月
inquiry_button