ピコ秒パルス幅可変1064 nm DFBレーザーの販売を開始

このたび株式会社光響(代表取締役社長 住村和彦、本社 京都府京都市)は、パルス幅可変ピコ秒1064 nm DFBレーザーの販売を開始しました。ピコ秒レーザーは、蛍光寿命測定、時分解測定、レーザー加工などに用いられています。本製品はピコ秒という短パルス性を実現しながらも、半導体レーザーならではのコンパクト性を達成しました。

ピコ秒レーザーは研究開発用途や産業用途など様々な分野で様々な用途に使用することができます。一方で、ピコ秒レーザーを実現する手段は限られており、従来のレーザーは複雑で、大型かつ高価であるという課題がありました。この問題が普及の妨げとなり、ひいては各分野での研究の発展を妨げる原因にもなっていました。

本製品は、半導体レーザーでありながらピコ秒の短パルス性を実現しました。コンパクトであるため場所を選ばず使用でき、安定性にも優れています。さらには、50 ps – 9 nsでのパルス幅可変機能、3 kHz – 250 MHzでの繰り返し周波数可変機能も備えているため、対象に合わせて最適なパラメーターで使用することができます。また、PMファイバー出力であるため取り回しがしやすく様々な場面で使用できます。

光響では、今後も光産業の活性化に貢献し、光技術による5大革命(情報革命・医療革命・食料革命・環境革命・エネルギー革命)の促進を支援して参ります。

VPW-DFB-LD-1064

製品
製品名:ピコ秒パルス幅可変1064 nm DFBレーザー
型番:VPW-DFB-LD-1064

仕様例
中心波長:1064 nm ± 5 nm
パルス幅:50 ps – 9 ns
繰り返し周波数:3 kHz – 250 MHz
出力:>30 mW(@50 ps)
寸法:95 × 130 × 70 mm
重量:200 g

販売
価格:61万円(税抜)
納期:約1-2ヶ月