スクリーンショット 2016-06-22 17.08.17

QDレーザーについて

量子ドットレーザ分野に注力し、通信・産業・医療・民生向け分野での半導体レーザソリューション提供に力を注いでいます。
各種波長、高温動作・温度安定性及びGaAs基板での低コスト量産性等が同社の強みです。

スクリーンショット 2016-06-22 17.20.58スクリーンショット 2016-06-22 17.21.04スクリーンショット 2016-06-22 17.21.18スクリーンショット 2017-03-24 16.41.37

製品 – products

製品分類
1240-1310nm 量子ドットレーザ 640-940 nm 高出力レーザ(モニタPD付き)
1300nm 高温度動作量子ドットレーザ 532, 561, 594nm 小型可視レーザモジュール
1030-1180nm 材料加工・センサ用DFBレーザ QLD106G-3010及びQLD106G-6410 シリーズ
QBB1007  –

1240-1310nm 量子ドットレーザ

1.LAN及びFTTH(Fiber To The Home)用途

上記分野では、小型・低消費電力で低コストであるレーザ光源への需要が拡大しています。
量子ドットレーザは環境温度による光出力変動が小さく、高温度耐性にも優れており、低消費電力化や駆動回路の簡素化、モジュールの評価、
調整コスト削減などの面で貢献します。

2.光インターコネクション用途

コンピュータ内の集積回路の間を光で接続する光インターコネクションは、電気での信号伝送によるデータの伝送速度や伝送容量の限界を
突破できる技術として期待されています。回路で発生する熱の為、高温環境での動作が避けられない光インターコネクションでは、
温度安定で低消費電力である量子ドットレーザは非常に有望な光源として期待されています。

製品型番 波長 光出力 LDタイプ パッケージ 資料
QLD1261-4005 1240nm 5mW DFB 14pin Butterfly PDF
QLD123F-4010 1240nm 10mW DFB TO-56 PDF
QLF1339-AA 1310nm 6mW FP TO-56 PDF
QLF1312-P10 1310nm 10mW FP chip PDF
QLF131F-P16 1310nm 16mW FP chip PDF

inquiry_button

1300nm 高温度動作量子ドットレーザ

産業用途

ファクトリオートメーション、材料加工、ライフサイエンス、分光、計測など、各用途で、532nmから1310nmまでの
広い波長範囲から最適な半導体レーザが選択されます。

材料加工の世界では、従来のレーザ加工機に比べて小型、低コストで保守が容易なことから、ファイバレーザシステム(FLS)の
導入が進んでいます。波長1064nmのDFB(Distributed Feedback)レーザは、波長スイープ時やナノ秒以下の高繰り返しパルス
生成時においても、優れた単一波長安定性を示し、FLSの種光用の光源として最適です。
太陽電池用薄膜、ディスプレイパネル、LEDなどの断熱的で精密な切断が可能となります。

波長660nmの赤色レーザは、ファクトリオートメーションでのマーカ、距離計測、建設現場での水準器等、各種用途へ適用されています。
ライフサイエンス分野の顕微鏡では、緑や黄色、橙色と等の可視光が採用されてきています。
これらのレーザ光は、波長1000~1200nmのレーザと二次高調波発生(SHG)素子の組み合わせでしか得られないものです。

製品型番 波長 光出力 LDタイプ パッケージ データシート 備考
QLF1335-AD 1300nm FP TO-56 PDF
QLF1335-AE 1300nm FP TO-56 PDF 開発中
QLF1335-T200 1300nm FP TO-56 PDF 開発中
QLD1335-AA 1300nm DFB TO-56 お問い合わせ下さい 開発中

inquiry_button

1030-1180nm 材料加工・センサ用DFBレーザ

産業用途

ファクトリオートメーション、材料加工、ライフサイエンス、分光、計測など、各用途で、532nmから1310nmまでの
広い波長範囲から最適な半導体レーザが選択されます。

材料加工の世界では、従来のレーザ加工機に比べて小型、低コストで保守が容易なことから、ファイバレーザシステム(FLS)の
導入が進んでいます。波長1064nmのDFB(Distributed Feedback)レーザは、波長スイープ時やナノ秒以下の高繰り返しパルス
生成時においても、優れた単一波長安定性を示し、FLSの種光用の光源として最適です。
太陽電池用薄膜、ディスプレイパネル、LEDなどの断熱的で精密な切断が可能となります。

波長660nmの赤色レーザは、ファクトリオートメーションでのマーカ、距離計測、建設現場での水準器等、各種用途へ適用されています。
ライフサイエンス分野の顕微鏡では、緑や黄色、橙色と等の可視光が採用されてきています。
これらのレーザ光は、波長1000~1200nmのレーザと二次高調波発生(SHG)素子の組み合わせでしか得られないものです。

製品型番 波長 光出力 LDタイプ パッケージ データシート
QLD1061-3030 1030nm 30 mW DFB 14pin Butterfly PDF
QLD1061-5330 1053nm 30 mW DFB 14pin Butterfly PDF
QLD1061 1064nm 30 mW DFB 14pin Butterfly PDF
QLD1061-6430-11 1064nm 30 mW DFB 14pin Butterfly PDF
QLD106L-6430 1064nm 30 mW DFB 14pin Butterfly PDF
QLD1061-7030 1070nm 30 mW DFB 14pin Butterfly PDF
QLD1161-xx30 1120/1180nm 30 mW DFB 14pin Butterfly PDF
QLD106D-64D0 1064nm 400mW (Pulsed) DFB 14pin Butterfly PDF
QLD106G-3010 1030nm 10 mW DFB 14pin Butterfly w/ SMPM connector PDF
QLD106G-6410 1064nm 10 mW DFB 14pin Butterfly w/ SMPM connector PDF
QLA1x61-xxA0 1064/1122/1188nm 100 mW DFB/SOA 14pin Butterfly PDF
QLD103E-6450 1064nm 50 mW DFB TO-56 PDF
QLD1051-6410 1064nm 10 mW DFB COAX-Pigtail お問い合わせ下さい
QLF101A 1060nm Gain Chip PDF
QC2D1x6x-xx30 1030-1180nm 30 mW DFB Driver Board PDF
QC8D1x6x-xx30 1030-1180nm 30 mW DFB Driver Box PDF
QBB1007 1064nm Driver box for 20ps operation PDF

inquiry_button

640-940 nm 高出力レーザ(モニタPD付き)

産業用途

ファクトリオートメーション、材料加工、ライフサイエンス、分光、計測など、各用途で、532nmから1310nmまでの
広い波長範囲から最適な半導体レーザが選択されます。

材料加工の世界では、従来のレーザ加工機に比べて小型、低コストで保守が容易なことから、ファイバレーザシステム(FLS)の
導入が進んでいます。波長1064nmのDFB(Distributed Feedback)レーザは、波長スイープ時やナノ秒以下の高繰り返しパルス
生成時においても、優れた単一波長安定性を示し、FLSの種光用の光源として最適です。
太陽電池用薄膜、ディスプレイパネル、LEDなどの断熱的で精密な切断が可能となります。

波長660nmの赤色レーザは、ファクトリオートメーションでのマーカ、距離計測、建設現場での水準器等、各種用途へ適用されています。
ライフサイエンス分野の顕微鏡では、緑や黄色、橙色と等の可視光が採用されてきています。
これらのレーザ光は、波長1000~1200nmのレーザと二次高調波発生(SHG)素子の組み合わせでしか得られないものです。

製品型番 波長 光出力 LDタイプ パッケージ データシート
QLF063A-4030T50 640nm 30mW FP TO-56 PDF
QLF063A-4080T30 640nm 80mW FP TO-56 PDF
QLF063x-AA 660nm 50mW FP TO-56 PDF
QLF063x 660nm 100mW FP TO-56 PDF
QLF063x-P120 660nm 120mW FP TO-56 PDF
QLF073x 785nm 100mW FP TO-56 PDF
QLF083x 830nm 210mW FP TO-56 PDF
QLF093x-40B8 940nm 285mW FP TO-56 PDF

inquiry_button

532, 561, 594nm 小型可視レーザモジュール

1.ピコプロジェクタ用途

これは映像プロジェクタを手の中におさめる新しい技術で、レーザ光源を用いたプロジェクタは、低消費電力で明るい像が得られ、
フォーカス調整が不要となります。波長1064nmのDFB型の半導体レーザと二次高調波発生(SHG)素子を組み合わせた緑レーザは、
純緑光(波長532nm)発生、80mW以上の高出力、高い電力変換効率、高温動作など、GaNを用いた緑レーザと比べて
優れた性能を有しています。

2.産業用途

ファクトリオートメーション、材料加工、ライフサイエンス、分光、計測など、各用途で、532nmから1310nmまでの
広い波長範囲から最適な半導体レーザが選択されます。

材料加工の世界では、従来のレーザ加工機に比べて小型、低コストで保守が容易なことから、ファイバレーザシステム(FLS)の
導入が進んでいます。波長1064nmのDFB(Distributed Feedback)レーザは、波長スイープ時やナノ秒以下の高繰り返しパルス
生成時においても、優れた単一波長安定性を示し、FLSの種光用の光源として最適です。
太陽電池用薄膜、ディスプレイパネル、LEDなどの断熱的で精密な切断が可能となります。

波長660nmの赤色レーザは、ファクトリオートメーションでのマーカ、距離計測、建設現場での水準器等、各種用途へ適用されています。
ライフサイエンス分野の顕微鏡では、緑や黄色、橙色と等の可視光が採用されてきています。
これらのレーザ光は、波長1000~1200nmのレーザと二次高調波発生(SHG)素子の組み合わせでしか得られないものです。

製品型番 波長 光出力 LDタイプ パッケージ データシート
QLD0593-xxxx 532/ 561/ 594nm 5 / 20 / 50mW DFB+PPLN Flat PKG PDF
QLD0561-xx25 532 / 561 nm 25mW DFB+PPLN Flat PKG with MMF pigtail PDF
QLD0561-xx15 532 / 561 nm 15mW DFB+PPLN Flat PKG with SMF/PMF pigtail PDF

inquiry_button

 

QLD106G-3010及びQLD106G-6410 シリーズ

製品型番 波長 光出力 LDタイプ パッケージ
QLD106G-3010 1030nm 10 mW DFB 14pin Butterfly w/ SMPM connector
QLD106G-6410 1064nm 10 mW DFB 14pin Butterfly w/ SMPM connector

 

QLD 106G-3010

特徴 用途 技術資料
短パルス種用1030 nm DFBレーザー ファイバーレーザー種源 PDF1
PDF2
単一縦モードオペレーション (1030 nm) センシング
短パルスオペレーション( < 20 psec)
7ピンバタフライパッケージ (SMPMコネクター付き)

QLD 106G-6410 シリーズ

特徴 用途 技術資料
短パルス種用1064nm DFBレーザー ファイバーレーザー種源 PDF1
PDF2
単一縦モードオペレーション (1064 nm) センシング
短パルスオペレーション( < 20 ps)
7ピンバタフライパッケージ (SMPMコネクター付き)

QBB1007

特徴 用途 サイズ 技術資料
ピコ秒パルス ドライバーボックス
(QLD 106Gシリーズの7ピンパタフライ
DFBレーザーモジュール向け)
ファイバーレーザー用パルス種源 235 x 390 x 100 mm PDF1
PDF2
20ピコ秒ゲインスイッチパルス発生(ピーク出力 50mW) 時間分解能測定 3.3 kg
内部クロック(12 kHz 〜 250MHzの繰返し率)
外部クロック(2 GHzまでの繰返し率)

inquiry_button