広帯域波長板

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-30-15-37-57

特徴

  • 安定した光学特性
  • 可視光領域-近赤外領域までの広帯域で機能
  • 最大270×155mmサイズの波長板提供が可能

製品データ

機能 広帯域1/2波長板 広帯域1/4波長板
弊社品名 A H W 3 A Q W 3
材質 ポリカーボネート樹脂(P C ) ポリカーボネート樹脂(P C )
厚み 0.35m m 0.35m m
サイズ(最大)※1 270×155m m 270×155m m
A R コートの有無 選択可 選択可
仕様波長帯域 400-900nm 400-900nm
※1指定サイズに合わせカットして提供することも可能です

波長板光学特性

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-30-15-46-39

カタログ(PDF):こちら

inquiry_button

狭帯域波長板

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-30-16-01-39

製品データ

機能 狭帯域波長板
弊社品名 GM44 MG22 BY8 RC14 RB8
1/2波長板回転領域* 488 – 592 nm 430-500/590-680 nm 430-505 nm 575-680 nm 540-680 nm
波長領域交差 ± 6 nm ± 5 nm ± 6 nm ± 5 nm ± 10 nm
材質 ポリカーボネート樹脂 (PC)
* 1/2波長板回転領域 狭帯域波長板が1/2波長板として機能する波長帯域

光学特性

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-30-16-08-05

偏光透過率は狭帯域波長板の前後に偏光板(偏光子・倹光子)を配置した時の透過率を評価します。
偏光板の透過軸が直交・平行時にそれぞれ、クロスニコル・パラレルニコルの透過率が得られます。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-30-16-11-32

カタログ(PDF):こちら

inquiry_button

パターン波長板

%e6%a6%82%e8%a6%81

概要

ガラス基板に光配向膜+液晶ポリマーを組み合わせた同一面内で遅相軸の異なるパターニングを形成した波長板です。
独自の加工プロセスにより、安定した品質で量産性の高い製品の提供が可能です。

特徴

・厚み0.145mmまでの薄板ガラスへのコーティング対応
・可視光及び近赤外領域での広帯域化が可能
・任意のピッチ、形状での設計が可能

主な用途

・積層プリズム
・偏光変換素子

カタログ(PDF):こちら

 

RGB波長可変フィルター

液晶セルと波長選択制位相差板で構成されており、液晶セルをON/OFFすることにより、任意のタイミングで
透過波長帯域(Red / Green / Blue)の切り替えが可能です。スクリーンショット 2017-05-26 18.25.08

inquiry_button