モード同期ErファイバーレーザーSHGキットとは

モード同期ErファイバーレーザーSHGキットは、フェムト秒Erファイバーレーザーの2倍波(半分の波長の光)を出すことができる実験キットです。フェムト秒Erファイバーレーザーの波長が1560nmの場合は、波長780nmのフェムト秒レーザーを出すことができます。

Er SHGキット総合構成

モード同期Erファイバーレーザーキット」と「2倍波生成キット」の組み合わせ構成例

(※写真のような組立も請け負っております)

 

モード同期ErファイバーレーザーSHGキットの構成要素

  1.  モード同期Erファイバーレーザーキット(波長1.5 μm)
  2.  フェムト秒Erファイバーレーザー用PPMgSLN素子
  3.  PPMgSLN素子専用マウント+TECモジュール
  4.  TECモジュール用温度コントローラ

1. フェムト秒Erファイバーレーザー用PPMgSLN素子

フェムト秒Erファイバーレーザー用PPMgSLN素子は、フェムト秒Erファイバーレーザーのスペック(パルス幅やスペクトル幅)に応じて、レーザーを入射させる位置を変えることによって、相互作用長L を0.2 mm, 0.4 mm, 0.6 mm, 0.8 mm, 1.0 mm, 1.2 mm, 1.4 mmから選べるように構成しております。

参考までに、フェムト秒Erファイバーレーザーのスペクトル幅が10 nm の時はL = 1.2 mmが適しています。

  • 素子全体サイズ:10 mm × 1.5 mm × 0.5 mm
  • 各素子サイズ:0.5 mm × L mm × 0.5 mm
  • SHG変換効率:20〜50 %
  • 基板材質:MgO doped stoichiometric LiNbO3
  • ARコート:765~805 nm, 1530~1610 nm
  • 位相整合 分極反転周期:位相整合波長を元に下記の表から分極反転周期を選ぶ(例:中心波長1550 nmの場合は、分極反転周期19.3 μmを選択し、温度は約48℃に設定する)

位相整合の分極反転周期

PPMgSLN

 

2. PPMgSLN素子専用マウント+TECモジュール

PPMgSLN素子のサイズが小さいため、短い焦点距離のレンズが設置しやすい構造になっております。

スクリーンショット 2016-07-01 18.36.06

 

3. TECモジュール用温度コントローラ

PPMgSLN素子の温度によってSHG変換効率が変わりますので、温度コントローラが必要になります。

スクリーンショット 2016-07-01 18.06.34-1
Temperature controller for TEC
Controller Specification

Temp Set Renge L:30 – 70℃、H:60 – 99.99℃
Control Accuracy 1/100 ℃
Unit Number 1ch
TEC(Volt、Current) Max 12V、1.5A
Thrmistor 10 kΩ(@25℃) B= 3480
Supply Voltage AC 90 – 240V
Size 160(W) x 230 (D) x 66(t) mm

 

価格

製品名:モード同期ErファイバーレーザーSHGキット
型番:FL-MLEr-SHG-kit
価格:¥3,500,000(税抜き)
納期:3〜4週間

※「モード同期Erファイバーレーザーキット」と「2倍波生成キット」の組立も請け負っておりますので、遠慮なくお問い合わせください。

inquiry_button