LaseViewラインアップ

LaseViewカメラセットシリーズ

  • LaseViewとカメラがセットになったスターターキット
  • カメラ選定の手間が省ける
  • レーザーの仕様に合わせて選ぶだけの簡単セット

ビームプロファイラ with M2 プラットフォームソフト

  • LaseView単体販売による低い導入コスト
  • 既に所有しているカメラの使用が可能
  • パソコンにインストールするだけの簡単セットアップ

大口径・高出力対応ビームプロファイラとは?

大口径・高出力対応ビームプロファイラ(LaseView-LHB)は、Windows上で動作する大口径・高出力対応のビームプロファイラです。
新規開発された光学系を用いる事で、大口径と高出力のどちらにも対応した類を見ない製品です。これ一台で幅広くお使い頂けます。

ソフトウェアにはユーザビリティが高いと評価されているLaseViewを採用しています。
各種解析機能を備えており、大変使いやすいビームプロファイラです。

LHB picture

図1 LaseView-LHBの外観図(受光部及び端子部)

LaseView-LHB_single-mode-LD

図2 808 nmシングルモード半導体レーザーの発散光(FWHM:14.4 mm×2.3 mm)

カタログ(PDF):こちら

特徴

  • ビームプロファイルやビーム径を簡単に測定できる
  • 微小径から大口径までのレーザー測定が可能(2 μm* ~ 100 mm**)(*オプション品使用時、**カスタム品利用時)
  • 低出力から高出力までのレーザー測定が可能(1 mW/cm2〜100 W/cm2
  • スペックル(キラキラ輝く明暗の斑点模様)の低減機能付き
  • ビームプロファイラ with M2 プラットフォームソフト(LaseView)付き

以下はソフトウェアLaseViewの特徴

    • 市販の安価なカメラの使用が可能
    • M2(エムスクエア)ビーム品質の測定が可能
    • ビーム広がり角(ダイバージェンス)の測定が可能
    • 2地点間のビームパワー、ビームプロファイル、ビーム径変化の評価が可能
    • ビームポインティング経時変化の測定が可能

スクリーンショット 2016-07-05 13.07.00   スクリーンショット 2016-07-05 13.07.27

約15 mm径のビームを測定している様子とソフトウェア画面

%e5%a4%a7%e5%8f%a3%e5%be%84%e3%83%92%e3%82%99%e3%83%bc%e3%83%a0%e3%83%95%e3%82%9a%e3%83%ad%e3%83%95%e3%82%a1%e3%82%a4%e3%83%a9  %e5%a4%a7%e5%8f%a3%e5%be%84%e3%83%92%e3%82%99%e3%83%bc%e3%83%a0%e3%83%95%e3%82%9a%e3%83%ad%e3%83%95%e3%82%a1%e3%82%a4%e3%83%ab-1

多点ビームを測定している様子とソフトウェア画面

従来製品とLaseView-LHBとの比較

高出力対応

CCDは感度が高く壊れやすいため、高出力レーザービームのビームプロファイルを計測するためには、複数の減衰系を使用する必要がありました。
LaseView-LHBでは、新設計の光学系を用いることにより、最大100 W/cm2のレーザービームまで減衰することなく測定することができます。
これにより光学系を単純化することができ、減衰系によるレーザービームの歪みを防ぐことができます。

図3 高出力レーザービームの減衰測定系と、LaseView-LHBに高出力レーザービームを直接入射している様子
(飛鳥メディカル株式会社様ご提供)

大口径対応

これまで、大口径のビームプロファイルを測定するには、通常のビームプロファイラを手動で移動させながら分割測定する方法がとられていました。
この方法は手間がかかるうえに、減衰させながら分割測定をするため相対強度がわからないといった問題がありました。
LaseView-LHBではこれらの問題を解決し、一括でビームプロファイルの測定ができます(図4)。

図4 分割計測されたビームプロファイルと、LaseView-LHBにより一括計測したビームプロファイル
(飛鳥メディカル株式会社様ご提供)

inquiry_button

主な機能

M2(エムスクエア)ビーム品質測定機能

集光特性に関わる重要なパラメーターであるM2(エムスクエア)を、標準機能で手軽に測定することができます。
M2はレーザー加工にとって非常に重要なパラメーターです。

測定手順は

  1. レーザービームをF値(焦点距離/ビーム直径)が50~100程度のフォーカスレンズで集光させる
  2. ビームウエストの中心から±50 mm ~±150 mmの範囲でビームに沿ってカメラを手動でスライドさせ、10~30枚程度のデータを保存する
  3. M2ビーム品質解析ボタンをクリックする

と非常にシンプルです。詳細は、Optipediaに掲載されてある「ビーム品質の測定」をご覧ください。

LaseView-M2-screen図5 M2ビーム品質測定の画面

ビーム広がり角(ダイバージェンス)測定機能

伝搬特性に関わる重要なパラメーターであるビーム広がり角を、標準機能で手軽に測定することができます。
ビーム広がり角はレーザー伝搬にとって非常に重要なパラメーターです。

測定手順は

  1. ビームプロファイルの測定を2箇所で行い、データを保存する
  2. ビーム広がり角測定ボタンをクリックする

と非常にシンプルです。更に、保存データから2箇所におけるビームパワーの変化も分かるため、伝搬損失も分かってしまいます。

LHBによるビーム広がり角測定

 

図6 ビーム広がり角測定の画面

ビームポインティング経時変化の解析機能

ビームポインティング経時変化を、標準機能で手軽に測定することができます。

測定手順は
1. 画像ロギング機能を使い、適度な時間間隔で画像を保存する。
2.[ポインティング]ボタンをクリックする。
3.[解析の実行]をクリックする

と非常にシンプルです。ビーム重心のX座標とY座標の計時変化がグラフ表示されます。

名称未設定

図7 ビームポインティング経時変化測定の画面

 

仕様

LaseView-LHBは測定する大口径ビームをスクリーンに照射し、スクリーンからの散乱光を後方からCCDカメラで撮影することにより、大口径ビームの測定を可能にしております。試行錯誤の上、特殊なスクリーンを採用することで、100 W/cm2以上の高強度ビームの直接入射を可能にし、高い分解能と感度均一性を実現することに成功しました。

項目 仕様
受光面寸法 50 mm × 50 mm
光学分解能 約100 μm
測定パワー密度の目安 0.1~100 W/cm2(露光時間により感度を調整)
(NDフィルターの交換により1 mW/cm2〜)
総入射パワー 最大10 W
許容入射光角度 ±15°
測定波長範囲 400~1100 nm(532 nm又は1060 nmにてフォーカス調整済)
撮像素子画素数 1280×960(水平×垂直)
取得画像画素数 1250×1250(水平×垂直)
A/D変換分解能 8 bit/12 bit
フレームレート 30 fps(最大)
露光時間 0.1 ms~250 ms
インタフェース USB3.0(miniB端子)
外部トリガ機能 あり(3.3~24 V/3.5 mA)
電源 カメラ電源5V,約250mA(USBより供給)
モーター電源6V,100mA以下(付属ACアダプタより供給)
外形寸法 W154 mm×H82.5 mm×D130 mm(スタンド、ケーブル含まず)
重量 2 kg以下(スタンド、ケーブル、ACアダプタ含まず)
ソフトウェア機能 LaseViewに準拠
備考 1.  ビーム直径が小さい場合、十分な解像度が得られなくなります。ビーム直径5mm以上を目安にお使いください。
2. フレームレートはPCの演算能力やUSBの接続状態により低下することがあります。
3. スペックル低減機能を利用する場合、10~20画像の平均化処理が必要になり、1~2秒(典型値)の測定時間を要します。

*受光面の大型化もカスタム可能です。100 mm × 100 mmの実績もございます。
*小型化もカスタム可能です。W154 mm×H82.5 mm×D130 mmの実績もございます。
*赤外領域にもカスタム可能です。波長1.5μm、2μm、10μmもカスタム可能でございます。

外観

スクリーンショット 2016-03-04 13.21.02

外観図

*USB3.0コネクタは、パソコンに繋げる際に使用します。
*外部トリガコネクタは、外部トリガを取る際に使用します。
*モーター電源コネクタ及びモータースイッチは、スペックル低減機能を利用する場合に使用します。

オプション

微小ビーム測定カメラセット

ビーム直径30 μm以下のレーザーに対しては、微小ビームを測定できる微小ビーム測定カメラセットのご使用をお勧めします。
微小ビーム測定カメラセットとして他にはない””高倍率、高NA、極低収差””です。expand-e1406889207527

図7 微小ビーム測定カメラセット仕様

  • 倍率:約30倍(典型値 30.8倍 @1064 nm、31.5倍 @532 nm)
  • NA:0.4
  • 使用波長範囲:400~1100 nm(推奨 600~1100 nm)
  • 光学分解能: < 2 μm
  • 作動距離:約1.7 mm(典型値 1.7 mm @1064 nm、1.6 mm @532 nm)
  • 長さ:176 mm

微小ビーム測定カメラセット専用ホルダ+3軸ステージ

数マイクロメートルサイズのビームを測定するためには、マイクロメートルレベルで位置を調整できる3軸(x,y,z)ステージが必要となります。expandsys

図8 微小ビーム測定カメラセット及び3軸ステージ仕様

  • マイクロ操作位置:サイド
  • 移動ガイド:ボールガイド
  • 移動量/1回転:0.5mm
  • マイクロメータ最小読取:0.01mm
  • 移動量〔mm〕:XY軸±6.5、Z軸±5
  • M6タップを施した台への取り付けが可能

アプリケーション例

  • 大口径レーザービームファイルの測定
  • 高出力レーザービームファイルの測定
  • レーザーのファーフィールドパターン(FFP)の測定
  • レーザーのニアフィールドパターン(NFP)の測定
  • 加工用レーザーのビームプロファイルの測定
  • レーザーメス用レーザーのビームプロファイルの測定
  • LEDのCW(連続)及びパルス発光評価測定
  • 半導体レーザーの発光評価測定
  • 光ピックアップのビーム評価測定
  • 光ファイバーのNAの測定
  • 天体望遠鏡を用いた人工衛星レーザー測距装置用レーザーのビームプロファイルやビーム広がり角、伝搬損失の測定
  • レンズメーターへの応用
  • 長距離伝搬レーザーのビームモニタリングシステム
  • レーザースキャニングユニットのビームプロファイル測定

価格と納期

製品名 型番 カタログ 取扱説明書 価格 納期
大口径・高出力対応ビームプロファイラ LaseView-LHB pdf pdf ¥1,430,000(税抜き) 即日~1.5ヶ月
大口径・高出力対応ビームプロファイラ
受光面寸法100 mm × 100 mm
LaseView-LHB-100 ¥1,730,000(税抜き)
微小ビーム測定カメラセット
(ビーム径2μmから測定可能)
LaseView-LHB-camera +¥212,000(税抜き)
微小ビーム測定カメラセット+専用ホルダ+3軸ステージ LaseView-LHB-stage +¥332,000(税抜き)
スクリーン交換(*)              – ¥ 50,000(税抜き) 1~2週間
1週間レンタル(2回まで可)  LaseView-LHB ¥ 48,000(税抜き) 即日

 

* 交換が必要な破損スクリーンの一例:
スクリーンショット 2017-02-03 14.19.29

製品の販売実績

  • 東京工業大学
  • 海上保安庁
  • その他、国内外の民間企業
    inquiry_button